人気ブログランキング |

南蛮の風、南蛮の道


こんなに興味深い時代だったとは
by rond-point66
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

京都大徳寺、細川ガラシャ

京都、大徳寺へ行って来ました。

d0320118_11283127.jpg


石田三成の目の前で炎に包まれたガラシャ夫人は、
夫の細川忠興(三斎公)によって堺のキリシタン墓地に葬られるのですが、
徳川時代にキリシタン墓地はことごとく破壊されます。
現在、ガラシャの墓は、
遺骨を移したとされる大阪の崇禅寺、京都の大徳寺、熊本の泰勝寺などにあるそうです。

d0320118_11284946.jpg



(京都、大徳寺高桐院にある細川ガラシャの墓)

~高桐院パンフレットより引用~
「三斎公及びガラシャ夫人の墓石は、生前愛好した石灯篭をもってそれに当てた。
細川家の墓所の中にこの鎌倉時代の美しい灯篭墓石は、苔を褥に静かに備わっている。
これはもともと利休秘蔵の天下一の称ある灯篭であったが、
豊太閤と三斎公の両雄から請われて、
利休はわざと裏面三分の一を欠き、疵物と称して秀吉の請を退けた。
のちに利休割腹の際、あらためて三斎公に遺贈したもので無双という銘を持ち
また別名を欠灯篭ともいう」
by rond-point66 | 2012-12-21 11:26 | 南蛮の風紀行

検索

最新の記事

祝☆世界文化遺産登録
at 2018-07-27 11:34
長崎の民謡~でんでらりゅう
at 2018-07-27 10:25
シ、、シドッチの!?
at 2016-04-09 10:32
長崎教会群の登録見送り
at 2016-02-09 12:00
世界遺産と「政教分離」 市長..
at 2015-08-26 13:45

最新のトラックバック

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

メモ帳